まるで宝石、サファイアとエメラルドの瞳を持つ白猫がネットで話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

透き通るような青と緑、まるで宝石のような美しい瞳を持つ白猫が話題になっています。

トルコのBurcu Kaynakさんが飼っている白猫は生まれつき、左右の瞳の色が違います。

瞳はそれぞれとても綺麗で、光が当たるとまるで宝石のようです。

青と緑の瞳を持つ美しい猫

Aloşさん(@kedialos)が投稿した写真

Aloşさん(@kedialos)が投稿した写真

Aloşさん(@kedialos)が投稿した写真

Aloşさん(@kedialos)が投稿した写真

まるでお姫様のようですが、猫らしいやんちゃな一面も

Aloşさん(@kedialos)が投稿した動画

Aloşさん(@kedialos)が投稿した動画

子猫の瞳も美しい

子猫の瞳も親譲りの美しい色をしています。

Aloşさん(@kedialos)が投稿した写真

原因:虹彩異色症

バイアイ(bi-eye、片青眼)やオッドアイ (odd-eyes) も虹彩異色を表す言葉として使われることがあり、特に動物に対して使われることが多い。また、名称だけでなく発症割合としても、ヒトよりもイヌネコが発症する場合が多い(ネコについては別項「オッドアイ (ネコ)」を参照のこと)。

異色症Heterochromiaヘテロクロミア)だけでも虹彩の異常を指す場合がある。

ネコの場合、日本では、一方が黄色の色)、他方が色の虹彩を持つ場合、金目銀目とも呼ばれる。白猫に多く発症し、青色の側に聴覚障害を併発している場合もある。タイ王国では「白い宝石」を意味する「カオマニー (Kaomani)」の名で呼ばれ、については特に「ダイヤモンドの瞳」と称される。なお、イヌの場合、シベリアンハスキーに限っては虹彩異常ではない。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%B9%E5%BD%A9%E7%95%B0%E8%89%B2%E7%97%87

世界各地で、古くから美しいと賞賛されている症状です。

 

猫の場合、聴覚障害が出やすいのは何故?

白毛の遺伝子は毛の色素の細胞(メラノサイト)を欠乏させることで毛の色を白くしています。そして青い眼の猫は青い色素があるのではなく眼の色素が欠乏することで眼が青く見えています。

色素を欠乏させる白毛の遺伝子が眼の色素まで影響を及ぼすと眼の色が青くなります。この時に片方の眼だけの色素を脱落させるとその眼だけ眼が青くなりオッドアイになります。

さらにこの白毛遺伝子が耳の中にまで影響を及ぼすとコルチ器官という音の感覚器官に影響を及ぼし生後コルチ器官がうまく形成されません。実はコルチ器も色素の細胞(メラノサイト)と同じ細胞から分化するからです。これはオッドアイだけでなく両眼が青い猫でも同じです。

引用元:http://catman.moo.jp/odd-eye/

諸説あるようですが、身体の色素と深く関わって生じるという上記の説が有力です。

なお、ご紹介した猫は聴覚障害にはなっていないとのこと。ご安心ください。

  

この記事を気に入ったら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*