防犯対策のために必要

鍵

家の鍵は家を建てた時から替えていないという家庭は多いものです。しかし、劣化してくることがあります。それに鍵はどんどん最新のものが出てきているので、新しいものに交換した方が防犯対策としても高めることができるでしょう。家のリフォーム時期に合わせて鍵も最新のものに交換するなど、定期的に防犯対策について考えてみることはとても大切です。また、玄関だけではなく、窓や勝手口など、出入り口となるところは全て防犯対策をした方が無難です。どこから泥棒が入るか分からないからです。特に最近は窓からの侵入が増えてきています。二重窓にしたり、二重鍵にしたりというように工夫をしてみましょう。簡単に割られて入られないようにするためには、強化ガラスにするという対策もあります。

最新のものを活用する

鍵にはいろいろな種類があります。一昔前のタイプではピッキングという方法で簡単に開けられてしまうので気をつけましょう。できれば最新のものに替えた方が無難です。最新のものというとピッキングができないタイプになります。例えば電子キータイプです。電子キータイプなら暗証番号などが必要になるので、そう簡単に開けることはできません。その代わり、当人が暗証番号を忘れてしまうと当人でも開けられなくなってしまうというデメリットもあります。忘れっぽい人には適していないかもしれません。その点、指紋認証なら安心です。これはかなり新しいタイプで、なかなか一般家庭では導入しているところはありません。しかし、指紋認証なら登録しているその人ではないと開けることができないので防犯効果としては一番高い方法となります。

使いやすいものを選ぼう

防犯対策のために鍵を新しくするのなら、専門業者にお願いしましょう。専門業者なら最新のものを提案してくれたり、その家庭の環境に合わせて適切なものを提案してくれたりします。また、使いやすいものにすることが大切です。例えば、高齢者の居る家庭では暗証番号タイプだと覚えられない人もいることでしょう。これではいつも鍵を開けられず、鍵開け業者に来てもらうことになってしまいます。高齢者の居る家庭ではもっと簡単に開けられるタイプがおすすめです。しかし、ピッキングなどで簡単に泥棒に開けられてしまうようでは困ります。二重鍵にするなどの工夫をしてみましょう。つまり、玄関ドアには二つの鍵穴を作るというわけです。これならすぐにドアを開けることはできません。面倒な玄関の場合、泥棒も途中で諦めてしまいます。誰かに見つかってしまうおそれがあるからです。このように専門業者の意見も参考にして選びましょう。